This 2020 Toyota Supra Packs A Turbocharged 2jz



This 2020 Toyota Supra packs a turbocharged 2JZ

Despite some reservations, we're generally pretty excited for the new fifth-gen Toyota Supra. The coupe was co-developed with BMW, sharing much with the new 2019 BMW Z4 convertible, including a powertrain. You can compare the specs on the pair right here. The Supra's engine may not be made by Toyota, but, like past Supras, all six cylinders are arranged in a row. The new engine is powerful and sure to be as smooth as butter, but it's always going to live in the shadow of the venerable 2JZ-GTE from the fourth-gen Supra. To help blend old a new, D1 Grand Prix drift champion Daigo Saito's new 2020 Supra drift car is powered by an old Toyota 2JZ.



We only have a few photos and some hashtags to go on, but it's pretty clear that it's not a BMW engine under the hood. Generally, BMW inline-sixes are mounted at a slight angle, including in the new Supra. This one is mounted upright. The exposed cam gears at the front of the engine are also a typical feature found on modified 2JZs. The engine is fitted with a carbon-fiber intake and a big, fat turbo, though it's unclear just how much power it's making. Whatever the output, we're sure the 2JZ can handle it with relative ease.

View this post on Instagram

2019年の体制が発表されました! 詳しくは、 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000172.000006649.html モンスターエナジーがサポートする世界的ドリフトドライバー斎藤太吾は、今年デトロイトモーターショーで公開された新型「GRスープラ」を、世界で初めてドリフト仕様にカスタムした最新マシンで、D1グランプリに参戦いたします。このマシンは、3月23日 (土) 24日 (日) 東京・お台場にて開催される「Monster Energy presents D1GP All Star Shoot-out」にて初お披露目されます。 新型「スープラ」はTOYOTA GAZOO Racing「GR」シリーズ初のグローバルモデルとして、1978年に初代スープラが誕生してから5代目となるモデルです。2002年に惜しまれつつ生産終了してから17年ぶりの復活とあって世界中から注目されています。今回斎藤太吾が完成させたマシンは、800馬力・直列6気筒3,352㏄ターボエンジンを搭載。足回りは斎藤太吾シグネチャーモデルHKS社のDaigo specを使用。車両開発及び製作日数は前人未到のわずか42日間と驚異的なスピードで完成に至りました。 斎藤太吾はD1グランプリで過去2度の優勝、アメリカで開催されているFormula Driftでも優勝を獲得しており、世界二大ドリフトシリーズの両方を制覇した唯一のドライバーです。圧倒的なドリフト技術だけでなく、フェラーリやコルベット、ランボルギーニをドリフト仕様に仕上げて話題になるなど、メカニックとしても注目されています。また、昨年南アフリカで開催されたケン・ブロック主催の「GYMKHANA GRiD」ではRWD(FR)クラスで初出場し、全く異なる競技とはいえ、名だたる選手を抑え初優勝を飾りました。今年9月7日(土)にポーランドで開催される「GYMKHANA GRiD 2019」の出場も決定いたしました。斎藤太吾の2019年シーズンの活躍にどうぞご期待ください。 斎藤太吾プロフィール 2008年、2016年にD1グランプリ、2012年にはアメリカで開催されているFormula Driftを制し、世界二大ドリフトシリーズの両方を制覇した唯一のドライバー。2018年にGYMKHANA GRiDに初出場にして初優勝を飾った。また、レースに参戦する傍らカーショップ「Fat Five Racing」を営み、自身のレース車両の製作はもちろんのこと、コルベットやランボルギーニをドリフト仕様に仕上げるなど、他に類を見ないマシンを世に送り出してきた。 新型「GRスープラ」でのD1グランプリ出場に加え、9月7日(土)にポーランドで開催されるケン・ブロック主催「GYMKHANA GRiD 2019」出場を発表。 斎藤太吾インタビュー ―― 新型GRスープラをドリフトマシンに仕上げた感想と運転した時の感触や特徴を教えてください。 「恐らく世界で初めてスープラをドリ車に改造させてもらえて素直に嬉しいです。新車を改造する楽しみは毎回そうですが、初心に戻る気持ちになるので気合いが入ります。去年までのアメ車に比べてホイールベースが短かったりボディ全体がコンパクトな分、よりキレのある走りも可能ですし、パワフルな走行も可能で、クルマを自由自在にコントロール出来そうです。追走はしていないので、どこまでメリハリかつ攻める走りが出来るのかまだ分かりませんが、今から楽しみです。」 ―― 今シーズンどんな走りをファンの方に観てもらいたいですか? 「今年からD1レギュレーションが変更になるので、新しいスタイルを魅せられると思います。去年1年で海外のドリフトの大会やジムカーナグリッドなど違う競技も含めて、たくさんの海外ドライバーの走りのスタイルを学んできました。今年はGRスープラでパワーアップした走りを観てもらいたいです。」 #monsterenergy #sunoco #hks #prodrive #toyotagazooracing #tonetool #hipermax

A post shared by Daigo Saito (@daigosaito87) on Mar 10, 2019 at 8:01pm PDT

The rest of the car has been worked over, too. The front and rear tracks are significantly wider than stock with wider fenders to match. There's a wing at the rear that's even larger than the one we saw on the Supra GT4 that debuted last week in Geneva. The interior has been gutted and fitted with a roll cage. Other mods include fans in the trunk, a carbon-fiber roof and a new suspension setup.

This A90 appears to have been prepared by Fat Five Racing in Japan. Saito plans to race the car in this year's D1 Grand Prix drift championship, the premier drift series in Japan.